タグ:苅谷夏子 ( 4 ) タグの人気記事
大村はま記念国語教育の会 横浜大会迫る
大村はま記念国語教育の会 
第11回研究大会 横浜大会 開催迫る


大村はま研究と実践の最先端を問い続けてきた本会の研究大会も10年目を迎えた。
第一回の開催地であり、同時に大村はま先生の故郷でもある横浜に、今年は戻る。
ことばを育てるプロフェッショナルとしての大先達 大村はまに、なんとか迫ろうとし続けてきたこの10年がどのように結実したか。10年前と、何が違うか、それを本気で見つめながら準備を進めてきた。今週土曜日12月6日、横浜市開港記念会館にて下記の通りの内容で開催される。


大村はま記念国語教育の会研究大会
横浜大会

研究主題:いきいきとした言語生活者が育つ国語単元学習
 ―いま、大村はま国語教室の実践から学ぶこと―

主催・大村はま記念国語教育の会  
共催・日本国語教育学会  
後援・横浜市教育委員会 

平成26年12月6日(土) 横浜市開港記念会館

【次第】                    《総合司会》 南雲成二(実践女子大学)
〇開会行事                               9:20 
挨拶
     安居總子  (大村はま記念国語教育の会理事長)
     渡邊文子  (横浜市小学校国語研究会会長) 
     中込千明  (横浜市中学校国語教育研究会会長)
〇講演Ⅰ「育成すべき資質・能力を踏まえた国語科単元学習の創造」     9 : 35
     水戸部修治 (文部科学省教科調査官)  
〇講演Ⅱ「思考力・判断力・表現力の育成と国語科単元学習」 10:35
     髙木まさき (横浜国立大学教授)
〇研究発表と協議 Ⅰ  11:20
◇小学校「わたしの「まち」じまん~見たい・ききたい・調べたい!松原商店街」
深沢恵子  (横浜市立浅間台小学校教諭)
    指導助言・松永立志(鎌倉女子大 元横浜市教育委員会指導部長)
(昼休み、全国理事会、総会)                      12: 10~13:30   
〇研究発表と協議 Ⅱ                         13:35
◇中学校「写真で書こう ~感じたことを文章にする~」                    
     宇津俊雄  (横浜市立丸山台中学校教諭)
指導助言・杉本直美(国立教育政策研究所学力調査官)
○シンポジウム                            14:25
「日刊紙発祥の地・横浜から、大村実践に学びつつ、
多メディア時代における新聞活用・情報発信の意義と方法を考える」
*基調報告 「大村はま教室における『自己を育てる』教育」
橋本暢夫  (元鳴門教育大学)
*シンポジスト 
     梅田比奈子 (横浜市指導主事 NIEアドバイザー)
氏岡真弓  (朝日新聞社 編集委員)
苅谷夏子  (司会を兼ねる 本会事務局長) 
○展望                                16:25
     湊吉正   (本会会長 日本国語教育学会会長)
○閉会行事  

文部科学省から、教科調査官 水戸部修治氏においでいただき、講演を伺う。水戸部氏は山形ご出身で、若い頃から「さくらんぼ学会」で大村はまに接してきた。その水戸部氏のことばをしっかりと聞きとめたい。

地元、横浜国立大学からは高木まさき教育学部長をお招きした。地元の教育を担う若者を育てておいでの方のご講演である。今後につながっていくお話となることだろう。

大村はまは、あくまで実践の人であった。理屈を言うのでなく、教室での実践で提案しつづけた現場人だった。本会も、その姿勢を大切にしている。小学校、中学校の実践研究発表は、どちらも夏前から準備を進め、検討会、勉強会を重ねてきた。 若い方が真正面から大村実践を見据えた試みをしてくださったことに、本気を感じる。いきいきとした実践発表となることだろう。助言・指導、話し合いと続く。

シンポジウムは、日刊新聞発祥の地、横浜ならではのテーマで行われる。大村はま研究の中心者の一人、橋本暢夫氏の基調報告からスタートする。NIE教育の専門家、梅田比奈子氏、新聞の現場から朝日新聞編集員の氏岡真弓氏をお迎えし、お話を引き出していくのは大村はまの生徒であった本会事務局長 苅谷夏子である。苅谷は、大村教室で話し合いというものを大村に教えられている。話し合う力を育てることは、大村はまにとって、三本の指に入るほど重要な課題だった。本気になって「話し合える人」を育てたいと実践を重ねた大村の仕事の、一つの成果を見せなければならない、と苅谷は緊張しながら意気込んでいる。

最後を締めくくるのは、湊吉正本会会長の展望である。次につながっていく広々とした視野の取り方を、お話から学べるだろう。

直前ではあるが、参加希望者は hokokugo@gmail.com まで件名「横浜大会参加希望」でお申し込みを。ことばを育て、人を育てるエネルギーを得る一日となることだろう。ぜひご参加を!
 
[PR]
by ohmurakokugo | 2014-12-02 18:34
イギリスで語られた大村はま
イギリスで語られる大村はま 3
                                               苅谷 夏子
 10月のロンドンは、陽の射さない日はほとんど東京の冬と変わらない寒さとなる。足もとを舞う枯れ葉も湿りがちで、これからの冬の暗さが思われる。かつて漱石を鬱屈させた暗さである。
しかし、この10月6日の土曜日は、まるで贈り物のような秋の陽光に恵まれ、空は真っ青で、ぬくぬくと明るい一日となった。この日、放課後のロンドン補習授業校アクトン校舎を会場に、「英国大村はま勉強会」が開かれた。組織化、定例化を目指したものとしては、第一回の発足の会である。集まったのは、補習校で国語を教える教員、大学で日本語を教える教員など23人。昨年秋に英国日本語教育学会に招かれて、大村先生の実践と思想についてお話をしたことをきっかけとして、少しずつ輪が広がっていき、この日を迎えることができた。
 集まったのは、異国における国語教育、日本語教育でそれぞれの困難と課題、問題意識を持った方々だ。
ロンドン補習授業校(3つの校舎に分かれている)には、1000人を超える児童・生徒が通っている。企業の駐在員の子女や国際結婚の家庭の子どもたちなどで、国語力も、家庭の事情も学校への期待も、差が非常に大きい。その上、年40日ほど土曜日の午前中のみの授業だ。そういう大きな制約にもかかわらず、日本から取り寄せた国語教科書を最後まで終えることが求められる。いったい何をどう選択し、教えていけばいいのか、どういう教室を目指すべきなのか、個人差にどう応じていけばいいのか、そうした本気の問いを持って、大村はま先生を知りたいと、集まった。
 補習校アクトン校舎のMさんは、しばらく前から大村先生の著書で勉強し、工夫して「作文に添える先生への手紙」「グループ学習」などをすでにご自分の教室で試み、それまでにはなかった成果を感じているという。もっともっと大村先生から学べるはず、と考えておいでだ。補習校フィンチリー校舎のMさんは、今年春の苅谷の講演を聞いて以来、ご自分の教室での話しことばに強く意識を向けることを実行なさっている。それだけでも何かが変わった感じがすると述べられた。
 日本語教育の分野から参加くださって、勉強会の発足に力を貸してくださっているのは、オックスフォード・ブルックス大学のAさんだ。これまで、国語教育と日本語教育は必ずしも十分な交流を持たないまま、別個のものとしてやってきていたが、境界を越えて、教える仕事の基本、知恵や実践のやりとりをすることの意義深さを語り、大きな期待感を表明なさった。
 苅谷は、現地の事情も踏まえ、ことばへの関心を高め、語彙を増やし、言語感覚をみがいていくための、大村教室スタイルの小さな「ことばの勉強会」の実例をいくつも紹介した。大村先生は、語彙の指導は「得意中の得意」と言っていた。自身が好きだっただけでなく、生徒も楽しみにした。大きな構想の本格的単元が成功した裏には、日常の中に散発的に置かれたこの小さな「ことばの勉強会」が育んだ土壌が、重要な素地となっていたと感じる。5分、10分という時間でも、ことばの感覚は磨くことができる。そういう場面では、先生が(時には生徒も)自ら採取した実生活の中の教材が活きていた。ことばへのふさわしい素地を育てることは、かなり優先順位の高いことだろうと思われる。
後半は、会場から質問を受け、読書生活指導について、教科書(特に文学教材)の扱いについて、個人差への対応などがテーマとなった。
 参加者から「今日一日だけで、たくさんのヒントを得た。資料が、書き込みでいっぱいです」「ことばを育てる仕事の本来に立ち戻れた気がする。明るい気持ちになった」「具体的な目標を立てながら、進んでいきたい。次回が楽しみ」などという声が聞かれたことは、嬉しい成果だった。次は来年春を予定している。
この「英国大村はま勉強会」は、大村はま記念国語教育の会のイギリス支部という位置づけで、やっていこうとしている。正式な会員登録などはこれからだが、少なくとも、元気な産声が上がったことは、確かなようだ。 

12月1日(土)は千葉大会。詳細は前ページに
[PR]
by ohmurakokugo | 2012-11-14 08:57
福岡大会 その6
 昨年11月に開催された大村はま記念国語教育の会研究大会【福岡大会】に参加した若い大学院生に、感想を寄せていただいた。

「生きたことばがもつ力」 
                   福岡教育大学大学院 岩崎 勇太
 

 昨年の11月23日に開催された大村はま記念国語教育の会研究大会は、私にとって感動と学びとに満ちたものでした。以前から憧れを抱いていた先生方や現場の最前線でご活躍される先生方のご発表を拝聴し、多くのことを学ばせて頂きました。

 私自身はこれまで大村先生についてとても不勉強で、今学会に臨むにあたって苅谷夏子さんの『評伝大村はま』『優劣のかなたに 大村はま60のことば』から大村先生の人生と実践の一端とを学ばせて頂きました。そこに描かれた大村先生は、それまで私が知っていた栄光に満ちた実践家としてだけではなく、時代や環境や何より自分自身とたたかう人として生きておられました。

 私はこれまで、大村先生があれほどの実践を残すことができたのは、教育現場が今ほどは慌ただしくない時代の中で、優れた実践家としてそれ相応の環境を与えられたからこそ可能だったのではないかと考えていたところがありました。無論そういう面も全くなかったわけではないでしょうが、そういったものが全く問題にならないくらい、大村先生の進まれる道には多くの障害があったということを知りました。そして、大村先生はそれらとたたかい乗り越えただひたすらに「ことばを育て 人を育て」る喜びを追求しておられました。今日の教師をとりまく状況に悲観的になるばかりの自分がとても小さなものに思えました。

 学会が終ったあと、苅谷さんとお話しする機会を得ることができました。目を開かされるようなお話はいくつもありましたが、中でも特に私の心に深くしみわたったお言葉があります。
 私は苅谷さんに、「話し言葉を磨くためにはどのようなことをすればよいでしょうか」という趣旨のことをお尋ねしたのですが、それに対して苅谷さんは大村先生が取り組んでおられたことをいくつかご紹介してくださり、最後に次のようなことを話してくださいました。
 「話をするとき、自分の中に最初に出てきたことばをぐっと飲み込む。そうすると、ことばが息を吹き返しますよ。」
 「ことばが息を吹き返す」―このことばを聞いて、私は目の前にあった霧が晴れていくような感じを覚えました。

 私たちは自己の内面をしっかりととらえ、その価値を認めることで、はじめて心の安らぎを得ることが出来ると思います。私たちが暮らす社会はいつからか、そういった個人の内面の多様さを許さない程、客観的な基準が絶対化されています。そしてこのような時代の病は私たちが向き合う子どもたちをも確実に蝕んでいます。この病を克服するのは、私たちが自分自身のまた他者の心の本当のありさまをとらえようとするときに生まれる〈生きたことば〉の他にないような気がします。

 「ことばは人そのもの」―大村先生は生前そのようにおっしゃっていたそうです。このことばが意味するところは、今日の教育現場においてますますその重みを増してきているように思います。
[PR]
by ohmurakokugo | 2012-07-06 15:32
さかのぼって
先週まで、しばらく、ホームページの新しい形式を探っていたため、更新が滞っていました。当面はこの形で継続していきくことにいたします。

その滞っていた間にお伝えすべきだったあれこれを、遅ればせながら掲載していきます。

まずは、福岡大会の内容を当日の日程に沿って。

平成23年度 
大村はま記念国語教育の会研究大会 
         【福岡大会】


〔研究1〕
ことばが育った実感
   大村教室の学習記録と「書く」ということ            苅谷夏子

 大村教室で学んだ中学生の日々、自分の中に思いもかけなかった新しい力が育っていることを感じ、嬉しく、誇らしかった。その自覚を助けた取り組みの一つが、学習記録であったと思う。学習記録を大切にすることと、自分(と自分のことば、自分の学び)を大切にすることは、非常に接近していたと感じる。書きながら育った、と言ってよい。そして振り返ると、学習記録にはたくさんの側面があり、そのどれもが重要な意味を持っていた。それを整理してみた。

○学習記録のいくつかの側面

1,とにかく自分がかかわったことがらを記録する
〈主体的な人として自然な/必然の営み〉
*本気で生きている人間の一種の存在証明。*記録に客観的な価値があるかどうかは、問う必要がない。*書かねば失われてしまうことを恐れるという面も。

2,学ぶ人・考える人として書いておくべきメモ
*すべての着想、疑問、反省、課題、調べる必要のあること。とりこぼしたら、失われてしまう契機。*取材という態度も含まれる。いつの日か、なにかに生かせるかも、という目。*「宝のような考えを書き留める」

3,考えるため、考えをすすめるために、書く
*「書くという、このからだの一部を使って、こみいった、めんどうな線を組み合わせていく仕事が、ふしぎに、心を一点に集めます。また、一つの考えが文字になって目に見えるものになりますと、その考えのいのちがはたらきだして、また次の考えが 引き出されていきます。そして、材木の中にきりをもみこんでいくように、深みへ深みへと、考えが伸びていきます。どうかすると、自分のこころのどこにもなかったような、すばらしい考えが鉛筆の先から生まれ出て、自分で自分の考えにうっとりしながらかみしめ直すようなことがあるでしょう。」            『やさしい国語教室』                                            *見やすさや記録としての完成度はほとんど重要でない。紙くずになってもいい。カードでも。

4,考えをまとめるために、全体の構成や関係性を意識しながら書く。〈試行錯誤の段階〉*この段階を書き残すことは、後で再検討の必要が生じたときに助けになる。*用紙のスタイルが重要な助けになることも多い。その工夫を覚えていく。*ある形で書いていくことが思考を助けることを覚えていく(進める/補助する/楽にする)→自分でその工夫ができるように

5,ひとまとまりの内容・考えをその時々にふさわしい形で書いておく。〈一般のノート〉
 *良い記録にするにはどうすればいいか、全体を俯瞰した結果を書くことになる。*いわゆる記録として、以降の仕事に役立つものにする。いわゆる「優れたノート」。仕事の共有や伝達、記憶の助け、といった実利を求める。

6,大きな枠組みの中で、当該の記録の意味や役割を意識し、ふさわしい扱いをする〈編集〉
 *学習記録の編集、目次、前書き、後書き、装丁などの作業がこれに当たる。*主体的な記録者でなければ、この仕事はうまく進まない。逆に、この仕事を大事に進めていくうちに、より主体的な当事者になっていく感じもある。

7,とにかく、書く力をつけるために書く。 *「大事なことは、これを書きながら育った、あなたの身についた力です。…書いたものは紙くずになっても、それを書いたあなたの身についた、書く力、考える力、まとめる力、そういうふうなものは、この紙に書かれた学習記録とは別の値うちとして、あなたのたいせつな生涯のもちものです。わたしがこの学習記録でいちばんねらっているのは、このことです。…筆無精でない、このことを皆さんの身につけたい。…そういうことは長い間、習慣になっていかないと、できないことなんです。」 全集12巻 

       
 ざっと考えてもこれだけの側面が、時々の局面に応じて用意され、強調されていたように思う。多くの教室でワークシートが広く使われているが、そこから子ども自ら飛び立って、自分のために書く人となるような視点・道筋があまり感じられないことが多い。学ぶ人、考える人が、ほかならぬ自分自身のために記録することを考える、そのためには大村教室の学習記録のこの多面性がもっと重視されていいのではないだろうか。
[PR]
by ohmurakokugo | 2012-06-13 22:58
  

大村はま記念国語教育の会のネット版会報。国語教師・大村はまについて、知り、考え、試し、自分の力にしたいと集まった会。ご入会を歓迎します。お問い合わせは hokokugo@gmail.com まで。
by ohmurakokugo
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
全体
未分類
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
画像一覧