タグ:単元学習 ( 2 ) タグの人気記事
埼玉大会の実践研究発表 その2
埼玉大会で発表された三つの実践研究のふたつめ、中学校での実践を報告する。この日、午前中に千葉大学の寺井正憲教授が、エディターシップという切り口から大村はまの実践を捉え直す研究をご発表くださった。ここで福田さんが今回着目なさったのも、情報をただ受け取るだけでなく、編集して出す、という取り組みで、論理的思考力を育てようという試みだった。

d0189402_15371534.jpg



研究テーマ 実生活で生きてはたらく言語能力の育成を目指して
~ 論理的思考力を育む学習指導の工夫 ―情報を編集して伝える― ~ 
埼玉大学教育学部附属中学校 福 田 隆 賢


 私達は日々膨大な量の情報に囲まれているが、得た情報はすべて誰かによって編集されている。それは情報を受ける我々をひきつけるためであったり、重大性を強調するためであったりする。生徒達は膨大な量の情報に出会っているが、その情報が誰かによって編集されているという意識は低い。ここでは小・中学生向けに作られた雑誌を題材に、情報を分かりやすく伝えるための工夫―タイトルや小見出しの付け方、文章構成、レイアウトの工夫、文章以外の情報の捕捉など―について学習した後で、「文章を雑誌記事へと編集する活動」を通して情報を効果的に活用することとはどういうことかを理解させる。そのうえでその力を高めていきたいと考えた。

 生徒達は、説明的文章は難しい、書いてあることを理解するのに時間がかかる、面倒だという。そこで思い出したのが「文章で記述されている内容を自分なりに図解してみる」という、「新聞勉強術」という本の中の一節だった。図解をするために「知らなくてはいけない部分を見つけて整理すること」は、「内容を分かりやすく理解すること」につながっていく。また、「表現(図解)することを考えること」は「相手意識をもって伝えることの大切さを実感できること」につながっていくと考えた。そのことが今回の単元を考えた原因になっている。

 単元の目標は①すすんで情報を整理しようとする、②適切な情報を得て、それを理解し、自分の考えをまとめることができる、③対象や目的に応じて文章の形態や展開に違いがあることを理解できる、である。

 指導は4時間扱い。1時間目は学習の流れを知り、見通しを持つ―「情報はどのように編集されて雑誌に掲載されているか」について考えた。まず「編集」を意識するために雑誌の前に新聞の比べ読みを、―第一時間目の授業の前日が中日ドラゴンズが日本シリーズを決めた日でした―、スポーツ紙、各一般紙を持ってきて捉え方の違いについて確認した。その後、雑誌から選んだ記事、「日本の食料自給率の減少について」を文字だけにして、生徒に配布。読みながら、この辺は具体的なデータになるとか、この辺はこの文章の最も言いたいところではないか、などというところを確認した。その上で、もとになっている実際の雑誌の記事を読み、情報の見せ方の工夫について確認した。編集することで最も伝えたいことはどのような形になっているか。問いの形になってタイトルになっていたり、あるいはその答えは見出しとして解説文の前に表示されたりしている。図表やグラフや写真などが挿入されていることもある。また分かりにくい専門用語はどのように扱われているか、そしてレイアウトがどのように工夫されているかということについて考えました。

 2時間目には雑誌「ジュニアエラ」のその他のいくつかの記事を配布して、どこに工夫が感じられるかどんな点が魅力になっているかグループで探し出す活動を行った。生徒は主にビジュアル面の工夫に着目して、グラフや図の効果的な活用や写真、キャラクターが生かされているなどに着目していた。

 3,4時間目には、編集会議で雑誌の紙面構成を考えるという学習活動を展開した。一時間目と同じように文字だけで表された文章を配布し、それをまず個人で紙面を考え、その後グループで検討するという活動を行った。グループで一つの記事を作成するということで、役割を決め、編集長が進行役となり、記録係がアイデアをまとめるということで、付箋等を使いながらまとめた。まず伝えたいことは何かを捉え、根拠は何か、データやその他の資料となるものを考える。レイアウトをどのようにすれば、見やすく分かりやすくなり、速く読むときに効果的かということを考えた。ここで強調したのは読み手、読者をしっかり意識すること。ざっとしたレイアウトと見出しなどを考えるところまでで終わり、細かい文字まで入れることをしなかったが、ただ項目を羅列したような個人の案に対して、検討を経たグループ案はタイトルを工夫したり、内容によって分けたり、ここにグラフが入るかいう予測を立てたりしたものになった。

 グループ案を最終的に完成した上で、最後にもとになった実際の雑誌の記事と並べて、写真や図表、文章との関連、役割、レイアウトなどについて考えたことをまとめさせた。自分たちのレイアウトしたものとプロの編集者が作ったものとを比較し、気づいたことを発表した。視線の流れやタイトルをつける工夫について気づく生徒も出た。

 生徒たちは意欲的に学習に取り組みんだが、雑誌というメディアの特徴のうち写真、グラフ、イラスト等の視覚的なものを「分かりやすく伝える工夫」と捉えるものが多かった。情報を効果的に活用することがイコール単純化することでないことは、授業内で確認できたが、情報活用については今後多くの実践を積み重ねて、論理的思考力を育む指導に適しているかということを検証していく必要があると考える。
[PR]
by ohmurakokugo | 2010-12-17 21:05
大村はまへの入口 ネット版「はまかぜ」スタート
国語教師 大村はまが亡くなって5年。
代表的著作である『教えるということ』が書かれたのは昭和四十年代のこと・・・
しかし、大村はまの目指したもの、実践したこと、伝えようとしたことは、一向に古びる気配がありません。教えるという仕事、大人が子どもを育てること、子どものことばを育てることの本質的な部分は、おそらく、時代が変化しても揺るがないものなのでしょう。

教育現場は、種々雑多な用事に追いまくられ、時代のさまざまな問題にも迫られ、厳しい状況にあります。教員は自分の勉強に割く時間もエネルギーもお金もない、という声を聞きます。
けれども、厳しい時ほど、大事なことを大事にしないと、肝心な部分がむしばまれてしまう。
大村はまの示した「教える」という仕事の専門性は、厳しく、難しく、果てしないようにも思えます。手軽に役立つ、という種類のものではありません。けれども、人が人の子を育てるという仕事が、そもそも容易なはずがありません。簡便な、テンプレート的なやり方を求めるより、揺るがない軸を打ち立てることに、私たちは向かいたいと思います。難しくとも、そこを目指したい。

大村はまの思想と実践を検証し、受け継いでいこうとする仲間が、「大村はま記念国語教育の会」です。
年3回、会員に向けて会報「はまかぜ」を発行していますが、ネット版「はまかぜ」をスタートさせます。「はまかぜ」の記事の概要と、研究会などの情報、大村はまのことばなどを掲載していきます。

【最新情報】

第6回大村はま記念国語教育の会研究大会 埼玉大会 開催迫る

11月13日(土) 9時20分~17時 
 於・さいたま市民会館うらわ(浦和駅西口徒歩7分)
 主催・大村はま記念国語教育の会
 共催・日本国語教育学会(研究部) 南部国語の会
 後援・埼玉県教育委員会 さいたま市教育委員会

・講演 倉澤栄吉(本会会長・日本国語教育学会会長)
・研究1 証言「元生徒が語る大村教室」
    羽島知之(新聞研究家) 苅谷夏子(本会事務局長、『評伝大村はま』等の著者)
    内海まゆみ(目黒区立第八中学校教諭)    司会・中山厚子(本会常任理事)
・研究2 「エディターシップの視点から見た大村はま国語教育実践について」 
      寺井正憲(千葉大学)
・実践研究発表と協議
    江利川哲也(三俣小学校) 福田隆賢(埼玉大附属中) 諸井雅子(秩父高校)
    指導・桑原隆(早稲田大学) 
    司会進行・中村敏男(南部教育事務所主席指導主事)
・講演  「母、藤原ていと大村はま先生との心の交流」   
      藤原咲子氏 
       (新田次郎と藤原ていの長女。著書に『父への恋文』『母への詫び状』)
・講演  野地潤家 (広島大学名誉教授 本会理事)
・展望  安居總子 (本会理事長)

 かつて昭和の初めの諏訪高等女学校で、大村はまは若き女教師であり、その生徒の一人が、のちに『流れる星は生きている』の作者となった藤原ていであった。終戦の混乱の中、満州新京から、二人の男の子の手を引き、生まれたばかりの女の赤ちゃんを背負って、日本への脱出を目指したてい。朝鮮半島を南下する極限の旅にあって、精神的な支えとして思い起こされたのは、大村はまの厳しい生き方であったという。
諏訪高女時代の大村はまと藤原ていの交流は、ていのノートに残されている。ていの背に負われて帰国した咲子氏がそれを語る。注目したい。


   大村はま記念国語教育の会への
          ご入会を歓迎します

年会費は4000円(入会金不要)。 年一回の研究大会を開催。そのほか小さな研究会も随時各地で開催しています。会報「はまかぜ」を年3回発行。研究会の記録、お知らせ、会員による大村研究、実践記録、大村はまや国語教育などにまつわるエッセイなどを掲載。
関心をお持ちの方は下記の本会事務局までご連絡を。

大村はま記念国語教育の会事務局
 hokokugo@gmail.com
       
[PR]
by ohmurakokugo | 2010-11-02 16:11
  

大村はま記念国語教育の会のネット版会報。国語教師・大村はまについて、知り、考え、試し、自分の力にしたいと集まった会。ご入会を歓迎します。お問い合わせは hokokugo@gmail.com まで。
by ohmurakokugo
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
全体
未分類
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
画像一覧