大村はまのことば ―幼い耳を育てる―
 よくない話とか、よくない朗読とか、そういうものは聞いてもためにならないと思うのです。悪いのを聞いてためになるなんていうのは、専門家のこと・・・子どものような幼い耳には、いいのを聞くのが一番だと思います。

                       『大村はまの国語教室』より
[PR]
# by ohmurakokugo | 2011-07-22 23:05
大村はまのことば ―聞く耳を持つ―
 生徒というのは、聞くという仕事は、学校でとても多いのです。・・・聞く耳が育っていない場合は、おおげさに言えば、各教科、たいへんではないかと思います。・・・「よく聞きなさい」などと言うのを自分では恥のように思っています。「よく聞きなさい」と言わなければ、聞かせられないかと、つらいのです。
                          『大村はまの国語教室』より
[PR]
# by ohmurakokugo | 2011-07-21 15:46
大村はまのことば ―どんなにおとなに扱ってほしいか―
 まだ子どもであることをじゅうぶんに心におきつつ、同時に、かれらはどんなに子ども扱いにされたくないか、どんなにおとなに扱ってほしいかを考えて、やさしく、しかし、思わずまじめに取り組ませるような、安易でない感じを持たせて出発させたい。

                       『大村はま国語教室 第十巻』より


大村はま記念国語教育の会への
          ご入会を歓迎します

年会費は4000円(入会金不要)。 年一回の研究大会を開催。そのほか小さな研究会も随時各地で開催しています。会報「はまかぜ」を年3回発行。研究会の記録、お知らせ、会員による大村研究、実践記録、大村はまや国語教育などにまつわるエッセイなどを掲載。
関心をお持ちの方は下記の本会事務局までご連絡を。

大村はま記念国語教育の会事務局
 hokokugo@gmail.com
  
[PR]
# by ohmurakokugo | 2011-07-19 21:00
大村はまのことば ―その覚悟は大切―
 ちょっとした小言が言いたくても、おかしな話ですが、題をつけたり、構成は一応練っております。ことばをいかにやさしくしても、構成の悪い話というのは、子どもにはわかりません。ですから、話し出しのくふうと、組み立て、おしまい、そういうことは気をつけて、案を立てて話をします。それを教える教師なのですから、その覚悟は大切だと思っているのです。                  
                        『大村はまの国語教室 1』より
[PR]
# by ohmurakokugo | 2011-07-14 21:09
大村はまのことば ―学習が自分のものになっていること―
 (私のところに生徒が)質問に来たところ、友だちの二、三人が、先生の前に並んでいる、だまって、そのあとについて順番を待つことになると、つまらない、それなら質問はあとにして、あとのことを先に、と思いついたように、さっとその場を離れて、書架の前や自分の席に戻っていく姿など、まったく学習が自分のものになっていることを私に知らせてくれました。
                        『大村はまの国語教室 2』より

 子どもの姿をどう見て、そこから何を知るか・・・。
 こういうことばに、先達の知恵の重みを知る。



 大村はま記念国語教室の会 事務局
 hokokugo@gmail.com

[PR]
# by ohmurakokugo | 2011-07-13 18:07
  

大村はま記念国語教育の会のネット版会報。国語教師・大村はまについて、知り、考え、試し、自分の力にしたいと集まった会。ご入会を歓迎します。お問い合わせは hokokugo@gmail.com まで。
by ohmurakokugo
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
全体
未分類
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
画像一覧