福岡大会 その6
 昨年11月に開催された大村はま記念国語教育の会研究大会【福岡大会】に参加した若い大学院生に、感想を寄せていただいた。

「生きたことばがもつ力」 
                   福岡教育大学大学院 岩崎 勇太
 

 昨年の11月23日に開催された大村はま記念国語教育の会研究大会は、私にとって感動と学びとに満ちたものでした。以前から憧れを抱いていた先生方や現場の最前線でご活躍される先生方のご発表を拝聴し、多くのことを学ばせて頂きました。

 私自身はこれまで大村先生についてとても不勉強で、今学会に臨むにあたって苅谷夏子さんの『評伝大村はま』『優劣のかなたに 大村はま60のことば』から大村先生の人生と実践の一端とを学ばせて頂きました。そこに描かれた大村先生は、それまで私が知っていた栄光に満ちた実践家としてだけではなく、時代や環境や何より自分自身とたたかう人として生きておられました。

 私はこれまで、大村先生があれほどの実践を残すことができたのは、教育現場が今ほどは慌ただしくない時代の中で、優れた実践家としてそれ相応の環境を与えられたからこそ可能だったのではないかと考えていたところがありました。無論そういう面も全くなかったわけではないでしょうが、そういったものが全く問題にならないくらい、大村先生の進まれる道には多くの障害があったということを知りました。そして、大村先生はそれらとたたかい乗り越えただひたすらに「ことばを育て 人を育て」る喜びを追求しておられました。今日の教師をとりまく状況に悲観的になるばかりの自分がとても小さなものに思えました。

 学会が終ったあと、苅谷さんとお話しする機会を得ることができました。目を開かされるようなお話はいくつもありましたが、中でも特に私の心に深くしみわたったお言葉があります。
 私は苅谷さんに、「話し言葉を磨くためにはどのようなことをすればよいでしょうか」という趣旨のことをお尋ねしたのですが、それに対して苅谷さんは大村先生が取り組んでおられたことをいくつかご紹介してくださり、最後に次のようなことを話してくださいました。
 「話をするとき、自分の中に最初に出てきたことばをぐっと飲み込む。そうすると、ことばが息を吹き返しますよ。」
 「ことばが息を吹き返す」―このことばを聞いて、私は目の前にあった霧が晴れていくような感じを覚えました。

 私たちは自己の内面をしっかりととらえ、その価値を認めることで、はじめて心の安らぎを得ることが出来ると思います。私たちが暮らす社会はいつからか、そういった個人の内面の多様さを許さない程、客観的な基準が絶対化されています。そしてこのような時代の病は私たちが向き合う子どもたちをも確実に蝕んでいます。この病を克服するのは、私たちが自分自身のまた他者の心の本当のありさまをとらえようとするときに生まれる〈生きたことば〉の他にないような気がします。

 「ことばは人そのもの」―大村先生は生前そのようにおっしゃっていたそうです。このことばが意味するところは、今日の教育現場においてますますその重みを増してきているように思います。
[PR]
by ohmurakokugo | 2012-07-06 15:32

大村はま記念国語教育の会のネット版会報。国語教師・大村はまについて、知り、考え、試し、自分の力にしたいと集まった会。ご入会を歓迎します。お問い合わせは hokokugo@gmail.com まで。
by ohmurakokugo
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
全体
未分類
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
画像一覧