大村はまのことば ―なまなましいところをわからせる―
 なま身の先生が、そこに同じ呼吸をしながら生徒といるということのいちばんの効果は、なまなましいところをわからせることではないか

                        『大村はまの国語教室 2』小学館



こんどの日曜は、山形市で通称「さくらんぼ学会」で知られる研究会が開かれる。今回で第二十七回となるこの会には、長く大村はま先生、倉沢栄吉先生がそろってご指導に赴き続けた。今年も、さくらんぼは熟し、研究会の準備も進んでいる。お問い合わせなどは、本会事務局まで。

第二十七回 日本国語教育学会山形県支部研究会
【主催】日本国語教育学会山形県支部
【共催】大村はま記念国語教育の会  日本国語教育学会
【日時】6月26日(日)午後1時~5時
【会場】山形市霞城公民館・総合学習センター
                          
◇次  第  
○挨 拶 鈴木 栄三(山形県支部会長)
倉澤 栄吉(本会会長)           
○実践発表 「活用力を育てる国語学習の展開」
清野真美子(山形大学附属小学校)
井上麻美子(長井市立平野小学校)
池田 真弓(大石田市立大石田中学校)  
○全員参加による実践発表についてのワークショップと報告
○実践発表、ワークショップで出された課題についての指導・助言
佐藤昌彦(山形県指導主事)江川久美子(作矢沢小教頭) 
加藤咲子(村山教育事務所指導主事)
○「東日本大震災から何をいかに学ぶか」
片桐理子(山形市立宮浦小校長)西村仁美(山形市立高楯中校長)平塚志信(山形県立谷地高)
助言者・苅谷夏子(本会事務局長)阿部和久(山形県教委教育次長)

 会費・資料代は二千円。当日参加も可


大村はま記念国語教育の会事務局 
hokokugo@gmail.com 

[PR]
by ohmurakokugo | 2011-06-21 16:25

大村はま記念国語教育の会のネット版会報。国語教師・大村はまについて、知り、考え、試し、自分の力にしたいと集まった会。ご入会を歓迎します。お問い合わせは hokokugo@gmail.com まで。
by ohmurakokugo
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
全体
未分類
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
画像一覧