埼玉大会に寄せられた感想
 埼玉大会参加者からの感想は、これまでも2度お伝えしたが、最後にもう一通、掲載したい。
 
     点と点がつながる            
                   八潮市立八幡小学校 櫛引 千恵 

 点と点がつながる。大村はま先生の会には、そんな愉しさがある。
 大会当日、私は、続行中の単元「物語の感想をためてまとめて伝えよう!~一年後の自分へ」で、物語の感想をどうまとめさせるか思案中だった。 証言「元生徒が語る大村教室」で、「書き出し」が話題になった。
 「必ず、先生が書き出しをいくつも与えてくださっていました。それは、十くらいもあったかと思います。それを使ってもよいし、自分のオリジナルで書いてもよい。子ども達は、まず、それを読んで、何とかしてそれは使わないようにしたい、オリジナルで書いてみたいと思う。そういうところに先生は、見えない手を差し伸べてくださったということを感じます。」
( そうか。)と思った。帰宅してから、大村先生のご著書を開いてみた。
 「他の子どもが書けたけれども自分は書けない。そんな苦しみをしている子を助けなくてよろしいんですか。書き出しを少し書いてやったらどうですか。」(『教えるということ』)
 『教室を生き生きと1』にも、書き出し文による指導の例が書かれていた。
 早速、書き出し文の手引きと「手引きを使って書いたら・・・」という感想文の例を書いたプリントを作成した。明日の授業は、これで行こうと思った。児童は、書き出しの例から書き出しを選び、ノートにためた自分の感想をつなげて書き進めることができた。大村先生が教えて下さっていることと、自分の実践がつながった。
もう一つ。 
私の中では、藤原正彦氏から藤原てい氏へ、それから新田次郎氏、藤原咲子氏へと、点は既につながっていた。『国家の品格』『祖国とは国語』がブームになった頃である。
 『若き数学者のアメリカ』の中の正彦さんが愉快で、正彦さんを育てた母の藤原ていさんという人を知りたくなった。「藤原正彦氏を育てた母の半世紀」という帯が付いた『旅路』、『流れる星は生きている』を読み、そのていさんの強さに驚き、惹かれた。そして、正彦さんも咲子さんもこの母のこの強さで守られ、日本に辿り着くまでの凄絶な道のりを乗り越えてきたのだと感慨深かった。
 その後、私の読書は、咲子さんの『父への恋文』『母への詫び状』と続いた。新田次郎さんを父に持つこと、『流れる星は生きている』の「咲子ちゃん」は、どのように成長し、今、父、母にどのような思いを抱いているのかを知りたかった。小学校四年生の頃から、新田次郎さんの文章指導を受けていたという咲子さんの書く文章。そのリズム感に引かれながらページを繰っていった。咲子さんの苦悩、「恋文」「詫び状」に込められた思いを知り、「藤原一家」への憧憬が一層深まった。
今年の埼玉大会で、藤原咲子氏のご講演が予定されていると聞くや、胸が躍った。しばらくして、大会の案内文書から、ご講演の演題を知った。「母、藤原ていと大村先生との心の交流」
驚いた。あの藤原ていさんが大村先生の教え子だったとは!ていさんの自信と強さの根底に、作家、ていさんの文章力の根底に、大村先生がいらっしゃった!大村先生と藤原ていさんが、つながった瞬間である。ご講演で、藤原咲子氏は、
「大村先生の赤ペンは、ポエムです。」
と、ていさんの書いた文章に入れられた大村先生の赤ペンのコメントを紹介してくださった。
ご講演は、音楽を聴いているような心地よさがあった。その終盤に、ていさんが七十才後半から病気になったことを話された。ていさんに、
「大村はま先生が、『がんばれ、がんばれ。』っ て言ってるよ。」
と言うと、顔を赤らめられるとのこと。どれだけ、大村先生の一言一言が、日々のご指導がていさんの力の源になっていたかがよく分かる。
「九十才になっても、○○先生と名前を聞いたら、 頬を赤らめる、そんな生徒の先生になってくだ さい。」
とご講演を閉じられた。
 大村はま先生の教えてくださっていることが、点にさえなっていないことがまだまだ多いことに改めて気付かされる。かつて、一通り読んだと思っていた『教えるということ』『教室を生き生きと1~3』。読み直してみれば、教室のどの一人一人にも力を付けるためのヒントが詰まっている。もう一度、一人一人に力を付けるという視点で読み直し、点にしていくこと。そして、実践とつなげていくこと。これが、私の課題である。

大村はま記念国語教育の会への
          ご入会を歓迎します

 年会費は4000円(入会金不要)。 年一回の研究大会を開催。そのほか小さな研究会も随時各地で開催しています。会報「はまかぜ」を年3回発行。研究会の記録、お知らせ、会員による大村研究、実践記録、大村はまや国語教育などにまつわるエッセイなどを掲載。
関心をお持ちの方は下記の本会事務局までご連絡を。

大村はま記念国語教育の会事務局
 hokokugo@gmail.com      
 
[PR]
by ohmurakokugo | 2011-01-24 17:12

大村はま記念国語教育の会のネット版会報。国語教師・大村はまについて、知り、考え、試し、自分の力にしたいと集まった会。ご入会を歓迎します。お問い合わせは hokokugo@gmail.com まで。
by ohmurakokugo
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
全体
未分類
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
画像一覧