埼玉大会 参加者の声
 11月13日に開かれた大村はま記念国語教育の会第六回研究大会【埼玉大会】を、何回にも分けてお伝えしているが、今日は参加者の声が届いたので掲載する。さまざまな人が、それぞれの関心とバックグラウンドを持って参加なさっていたことが、今さらながら思われる。


「大村はま記念国語教育の会研究大会」に参加して              
                筑波大学内地留学生(長野市立塩崎小学校) 依田 学

 倉澤栄吉先生が文教大学で教鞭を執られていた頃、学生だった私は、倉澤先生に連れられて大村はま先生の講演を聴いた。今、考えてみるとそれは「大村はま国語教室の会」であったのだと思う。薄れゆく記憶の中で今でも覚えているのは、受付で倉澤先生が、「学生がお金なんて払わなくていい」とおっしゃり、数名いた学生全員分の会費を払ってくださった後に、「その分、代わりに本を買って勉強しなさい」と言われた一言である。
 あの時私は、倉澤先生に払っていただいた会費分のお金でちゃんと本を買ったのだろうか。勤勉な学生とは対極にいた私は、きっとその貴重なお金を何か他のことに遣ってしまったのだろうな…と思う。
 あれから二十年近く経ち、今年、「大村はま記念国語教育の会」に参加させていただいた。
 現在、私は、長野県から長期研修派遣生(内地留学)として、筑波大学にいる。甲斐雄一郎先生のもと、研究と言えるほど立派なものではないが、大村先生の「てびき」について学んでいる。
 そんな私にとって、研究大会での一日は大変貴重なものであった。小西まゆみさんの学習記録とにらめっこしている日々の私にとっては、内海まゆみさんのお話がとても印象に残った。寺井正憲先生からは、「エディターシップ」や「インベンション」といった大村先生の実践を見るひとつの新たな視点をいただいた。また、午後の藤原咲子さんの講演は、信州人である自分をどこか誇らしく感じながら貴重なお話に聞き入った。
 「その分、代わりに本を買って勉強しなさい」という倉澤先生のことばを思い出しながら、遅ればせながら何とかそのことばに応えたいと、気持ちを新たにした一日であった。

大村はま記念国語教育の会への
          ご入会を歓迎します

 年会費は4000円(入会金不要)。 年一回の研究大会を開催。そのほか小さな研究会も随時各地で開催しています。会報「はまかぜ」を年3回発行。研究会の記録、お知らせ、会員による大村研究、実践記録、大村はまや国語教育などにまつわるエッセイなどを掲載。
関心をお持ちの方は下記の本会事務局までご連絡を。

大村はま記念国語教育の会事務局
 hokokugo@gmail.com
     
[PR]
by ohmurakokugo | 2010-12-04 16:26

大村はま記念国語教育の会のネット版会報。国語教師・大村はまについて、知り、考え、試し、自分の力にしたいと集まった会。ご入会を歓迎します。お問い合わせは hokokugo@gmail.com まで。
by ohmurakokugo
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
全体
未分類
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
画像一覧